コンテンツの記述に関する要素(2)

pre要素を使うと、通常無視される改行や空白、
TABが反映されます。
メールの本文や、ソースコードを記述するのに
便利です。

8/1のブログ

きょうはとても暑い一日でした。

項目1値1-1値1-2
項目2値2-1値2-2
項目3値3-1値3-2